現在サイトリニューアル中です。レイアウトが崩れていますので、ご了承ください。
ペルセウスとアンドロメダのパズドラ画像

「ペルセウス×アンドロメダ」ギリシャ星座神話-悲劇な王女と勇者

ペルセウスとアンドロメダのパズドラ画像

パズドラペルセウスペルセウスは勇敢な勇者。

パズドラアンドロメダアンドロメダはとても優しい王女。

この2人は、悲劇の運命を持つ夫婦なんです・・・(´・ω・`)

[adsense]

アンドロメダアンドロメダはどんな神?

  • ギリシア神話に出てくる人物。神ではない。
  • ペルセウスペルセウスの妻。
  • カシオペアの娘。
  • アンドロメダ座☟
  • アンドロメダ座

 

ペルセウスペルセウスはどんな神?

  • ギリシア神話の神。
  • ゼウスゼウスの子ども。
  • アンドロメダアンドロメダの夫。
  • ペルセウス座☟
  • ペルセウス座

 

聖闘士星矢ネタ

  • ペルセウス座は白銀聖闘士アルゴル。

アルゴルの持つメデューサの盾を見ると石化します。

  • アンドロメダ座は青銅聖闘士の瞬。

瞬は美少年で良く少女に間違われて、男なのに女子トークが出来る

そして、お兄ちゃんのを愛してるブラコン

瞬は戦いを好まないけど、実はめっちゃ強い。

魚座のアフロディーテアフロディーテによって、仲間たちほとんどが倒されたときに、本領発揮をし、強敵を倒す。

 

[st-kaiwa1]最初から本気出せよ・・・(´・ω・`)[/st-kaiwa1]

 

そんなペルセウスペルセウスとアンドロメダアンドロメダの神話を面白くお話します。

 

「第一話」ペルセウス誕生と冒険

侵入成功!!のおかげで誕生

 

ここは、ある王様が統治する平和な国・・・

そんな王様にある予言が・・・

 

予言

「王よ・・・お前の娘の子どもに殺されるぞい。。ひっひっひ・・・。」

 

「・・・・何!?《゚Д゚》」

「じゃあ娘を監禁して、男に会わせなければ僕殺されないじゃん。僕っててんさ~い!

[st-kaiwa1]完全なドメスティックバイオレンス。。犯罪だ(´Д` )[/st-kaiwa1]

 

しかし!そこに現れたのが我らがゼウスゼウス!

 

ゼウス

ゼウス「う~ん。あの国の娘のダナエがめっちゃ可愛いんだよな~。交わりたい・・・。」

「でも、閉じ込められてるところは「あるそっく」の警備がすごくて入れないんだよね。(´・ω・`)

「どうやって入れば・・・。」

あっ!!あの窓だけ「あるそっく」がついてない!!

「よし!!雨のときがチャンス!!

 

と考え、雨の日に、ゼウスゼウスは、黄金の雨に化けて侵入成功!!

そして、ダナエの中にもゼウスゼウスの息子が侵入成功!!!( ̄▽ ̄)

 

そんなゼウスゼウスとダナエの子どもとして誕生したのがペルセウスペルセウスです。

 

家来

「王様!!ダナエ様が赤ちゃんを産みました!!」

「おめでとうございますヽ(´▽`)/」

 

王様

「は!?」

エネル顔

 

王様はとても驚きました。

だって、ダナエとHすらしていないのに・・。

 

家来

「王様!?如何がなさいましたか?」

「そういや、ダナエ様からお手紙を頂いております」

「どうぞ」

 

と手紙を渡されました。

そこには

 

「あなたのお宝のダナエを頂きましたルパン予告ゼウス」

 

王様

「くそ~~~ルパ・・ゼウスめ~~~・・・・」

「どうしよ・・・」

 

ペルセウスの冒険1「ゴルゴン姉妹(メデューサ)」

 

月日が流れ、、ペルセウスペルセウスは大きく育ちました。

 

「ペルセウスよ」

「お前は立派な勇者になった」

「実は、ゴルゴン姉妹にこの国は悩まされておってな」

ペルセウスペルセウスよ。倒しに行ってくれないか?」

 

ペルセウス

ペルセウス「は!!お任せあれ!!」

「おじい様!!」

 

王は殺されると思ったので、ペルセウスペルセウスを追い出すため、怪物ゴルゴン姉妹を倒すことを命じます。

 

「くっくっく。。ペルセウスよ。ゴルゴンに殺されてくるがいい。。」

 

そして、ペルセウスは旅に行き、ゴルゴン姉妹と遭遇します。

 

ゴルゴン姉妹

「誰だ?お前は?」

 

ペルセウス

ペルセウス「お前を倒しに来た!!」

「覚悟!!」

 

ゴルゴン姉妹

「私を??」

「私が何をしたというのだ・・」

「・・・もうやだ・・・」

 

ゴルゴン姉妹の辛い運命

 

ゴルゴンの妹メデューサは、とても綺麗で優しい人間でした。

そんなメデューサにある神が恋をします。

 

パズドラネプチューン ポセイドン

ネプチューン「メデューサ・・・俺はお前に恋をした」

「今すぐ結ばれよう」

 

メデューサ

「こんなところでダメですよ。。」

 

そう、ダメなんです。

なぜならここは、パズドラアテナアテナの宮殿だから。

 

 

パズドラネプチューン ポセイドン

ネプチューン「いいだろ。。」

 

メデューサ

「ダメですって。。。」

「脱がしちゃダメ」

「もう。。。」

「せっかちくんなんだから・・・♥」

 

合体の画像

と、イチャイチャしていました。

 

そのとき!!!!!

 

アテナ

アテナ「そこ!!何してるの!!」

「私が処女の神様だって知ってのこと?」

 

 

パズドラネプチューン ポセイドン

ネプチューン「やべ!!」

 

とネプチューンは裸のまま逃げます。

 

メデューサ

「アテナ様。。お許しください」

「私はただ襲われてしまって、、抵抗出来なかったのです」

 

アテナ

アテナ「せっかちくんなんだから・・・♥」

「って言ってたでしょ!!」

「お前なんかこうしてやる!!」

(最初から見てたんかい(´・ω・`))

 

アテナアテナはメデューサを怪物に変えます。

 

メデューサ

「きゃああああああああ!!」

「とても醜い姿になってしまった」

「アテナ・・・許さない!!」

 

朧 瞳術

と、メデューサの目が開眼し、アテナを石化させていきます。

 

アテナ

アテナ「くっ!!なんだ!!!」

「私の体が石化する・・・・」

「く、、アイギスの盾!!!」

 

アテナの石化が浄化された。

 

アテナ

アテナ「はあはぁ・・・」

「恐ろしい女め!!」

「メデューサ!!出てけ!!」

 

メデューサ

「・・・(´;ω;`)」

 

メデューサは泣きながら、家に帰ります。

[st-kaiwa1]可哀想(´・ω・`)[/st-kaiwa1]

 

メデューサの姉のゴルゴン姉妹は、驚きます。

 

ゴルゴン姉妹

「メデューサ!!どうした!!」

 

と、事情を知り、ゴルゴン姉妹はキレて、アテナの宮殿に乗り込みます。

 

ゴルゴン姉妹

パズドラネプチューン ポセイドンネプチューンが無理矢理、妹を拉致してんだそ!!」

「妹は悪くない!!元に戻せ!!」

 

アテナ

アテナ「ふう、、面倒だな」

「・・・変われ」

 

と、ゴルゴン姉妹たちも醜い怪物に変えられてしまいました。

[st-kaiwa1]ゴルゴン姉妹、、めっちゃ可哀想。。(´・ω・`)[/st-kaiwa1]

 

ペルセウスVSゴルゴン姉妹

回想から戻ります。

 

[adsense]

 

メデューサ

「私を倒す?」

「笑わせるな」

「私のメデューサの力をくらいなさい!!」

ペルセウス

ペルセウス「くっ。。。石化する・・・」

 

と、ペルセウスがピンチのときに、、、

 

 

「アイギスの盾!!!」

 

ペルセウスの石化が消えた。

 

ゴルゴン姉妹

「まさか!?」

 

ヘルメス

ヘルメス「ペルセウス様!!」

「アテナ様から頂いたこのアイギスの盾と私の持つこの袋をお使い下さい」

「じゃ!!」

 

と、ヘルメスはすぐに来て、すぐに消えました。。

 

ゴルゴン姉妹

「くっ、、、またアテナが私を邪魔しにきたか・・・」

「あれ・・?ペルセウスは?」

 

ペルセウスはヘルメスから貰った袋に入っていた兜の効果で、姿が消えていました。

 

ペルセウス

ペルセウス「チャーンス!!(*´∀`*)」

 

・・・ペルセウスはゴルゴン姉妹の首を切ります。

 

そして、メデューサの首の血から

有名な天馬ペガサス(射手座の星矢星矢!)が産まれます。

[st-kaiwa1]だ~きしめた!

心のコスモ・・・。熱く・・・燃やせ・・・奇跡を起こせ!![/st-kaiwa1]

 

なぜ、馬がウマれたかって?ヽ(*´∀`)ノ

パズドラネプチューン ポセイドンネプチューンは、馬の神でもあります。

そのネプチューンと交わったからウマれました。

 

ペルセウス

ペルセウス「こいつは、、良い馬だ!!」

「よし、私が飼おう!!」

「・・・このメデューサの力も頂くか」

 

と、メデューサの首を袋に入れ、ペルセウスはペガサスに乗って、帰ります。

「第二話」アンドロメダ

またまたネプチューン登場

 

ある日、アンドロメダアンドロメダの母カシオペアは、世界各地で娘を自慢していました。

 

カシオペア

「ほ~ほっほほ!!」

「私のアンドロメダアンドロメダはパズドラネプチューン ポセイドンネプチューンのネレイド姉妹よりも美人なのよ~!!」

 

それを聞いたネプチューンが

 

パズドラネプチューン ポセイドン

ネプチューン「あ!?うちの娘より綺麗なやつがいるわけないだろ!?」

 

とキレます。

 

そのため、パズドラネプチューン ポセイドンネプチューンはアンドロメダアンドロメダの国にクジラ座のティアマトを襲わせます。

[st-kaiwa1]ここのティアマトはパズドラのティアマットとは違います。

パズドラのティアマットはメソポタミア神話の女神です(´・ω・`)[/st-kaiwa1]

 

悲劇の女王アンドロメダ

 

国民

「あ~~ネプチューン様がお怒りになった~~」

「もうこの国が終わった・・・・」

「誰か助けてくれ~~」

 

と、そんなとき、ある神がこう告げました。

 

ある神

アンドロメダアンドロメダをいけにえにすれば、OK牧場!(。・ ω<)ゞ

 

ですが、王たちはいけにえになんかできません。

だってアンドロメダが大好きですから。

でもアンドロメダが・・・( ;  ; )

 

アンドロメダ

アンドロメダ「私の命で、国民を守れるなら、喜んでいけにえになります。

[st-kaiwa1]良い娘やわ~(´Д` )[/st-kaiwa1]

 

カシオペア

「ダメよ!アンドロメダ!」

「わたしがなんとかするから・・・」

 

アンドロメダ

アンドメダ「いいの。ママ」

「ママが、最近どうにかしようと、たくさん悩んでいたのを知ってるわ」

「パパもそう」

「ありがとう」

「そして、私を産んでくれてありがとう」

「今度は私がママ・パパを助ける番だから」

[st-kaiwa1]泣ける(´;ω;`)ウゥゥ[/st-kaiwa1]

 

そして、アンドロメダアンドロメダはいけにえになるため、岩場で鎖に繋がれます。

アンドロメダ鎖に縛られる

 

ペルセウスとアンドロメダの出会い

 

アンドロメダ

アンドロメダ「・・・・」

「・・・でも、、やっぱ私怖い・・」

 

とアンドロメダが泣いていました。

 

そんなとき、空からこの男がやって来ます。

 

ペルセウス

ペルセウス「どうしたのですか?どうして鎖に縛られているのですか?」

「あなたのような綺麗な方は、泣いてなどいけません」

「どうして泣いているのか、私に教えていただけませんか?」

 

アンドロメダ

アンドロメダ「王子様・・・?」

「実は・・・」

 

と、アンドロメダはペルセウスに全てを話します。

 

ペルセウス

ペルセウス「そうでしたか。。」

「では、私がその怪物を倒してあげましょう」

 

アンドロメダ

アンドロメダ「本当ですか!?」

「有難うございます!!」

 

ペルセウス

ペルセウス「ただしタダで助けません」

「もし怪物を倒したら、あなたを頂けませんか?」

「私は、どうやらあなたに惚れてしまいました。」

「結婚と条件に、怪物を倒しましょう」

 

アンドロメダ

アンドロメダ「・・・( *´艸`)」

「はい。もちろん、いいですわよ」

「私の命は無くなるはずでしたし、、」

「しかも、あなた様なら・・・(〃▽〃)ポッ」

 

ペルセウス&アンドロメダVSティアマト

 

と、そんなときに

ティアマットパズドラ画像

 

ティアマトが現れた。

 

ティアマット

ティアマト「いや~。アンドロメダさん」

「食ってもいいですか?」

「美味しそう・・・(*´з`)」

 

ペルセウス

ペルセウス「そうはさせない!!」

「勝負だ!!」

 

アンドロメダ

アンドロメダ「私も戦います!!」

「一緒に力を合わせましょう!」

 

ティアマット

ティアマト「何!?」

 

トゥルトゥルトゥルトゥトゥ♬

ペルセウス・アンドロメダとティアマットの戦い

 

ペルセウスアンドロメダ

ペルセウス・アンドロメダ「うお~~~~~~~~~~!!!」

 

ペルセウス・アンドロメダ勝利

ペルセウス

ペルセウス「勝った」

「アンドロメダのスキルのおかげだよ」

「有難う」

 

アンドロメダ

ペルセウス「私のスキルとあなたのスキルが合っているだなんて」

「私たち、結ばれる運命だったんですね」

「あなたに会えて本当に良かった・・・」

 

こうして、ペルセウスペルセウスとアンドロメダアンドロメダは結婚をします。

 

 

「第三話」ペルセウスとアンドロメダの悲劇

 

ペルセウスペルセウスが国に帰りました。

 

ペルセウス

ペルセウス「おじい様!!」

「ただいま帰ってきました!!ゴルゴン姉妹も倒しましたし、、、」

「ついでに、綺麗な奥さんも頂いちゃいました!!ヽ(*´∀`)ノ」

 

「ひ!!」

「ペルセウスが生きて帰ってきた~!!殺される~」

と王は逃げます。

 

ペルセウス

ペルセウス「おじい様!!どうしたのですか!!」

 

王はペルセウスのことなぞ聞かず、とにかく逃げます。命のために。

 

アンドロメダ

アンドロメダ「どうしたのですか?」

 

ペルセウス

ペルセウス「さぁ・・・分からない」

「このままだと王が不在のままだ」

「・・・アンドロメダよ。私はこの国の王に今からなる。

「お前は、この国の王女になってくれぬか?」

 

アンドロメダ

アンドロメダ「もちろんですよ」

「一生あなたについていきます」

 

めでたしめでたし。

 

 

ですが、、、

それから数年・・・。

 

 

ペルセウス

ペルセウス王「体がなまって仕方がない」

「ちょっと競技会に出てくるわ~」

 

アンドロメダ

アンドロメダ王女「本当にお好きですね」

「いってらっしゃい」

「気をつけてくださいね」

 

これが、この夫婦の最後の会話となります。。

 

ペルセウス

ペルセウス王「よっしゃ~~!!」

 

と、元気よく投げた円盤が、突風で観客席に行きます。

 

ペルセウス

ペルセウス王「危ない!!」

 

その円盤が皮肉にも老人にあたります。

 

ペルセウス

ペルセウス王「まずい!!ご老人よ!!大丈夫ですか?」

 

その老人は息をしていませんでした。

 

ペルセウス

ペルセウス王「くっ。。。」

「・・・へ?」

 

よく見ると、なんとその老人は元国王のペルセウスのじいさんでした。

 

ペルセウス

ペルセウス王「おじい様!!!」

「なんでこんなところに!!!!」

 

そこに・・・・

 

アテナ

アテナ「ペルセウスよ。。」

「ご苦労・・。お前は私の敵のゴルゴン姉妹、キモイ王を殺してくれた」

「礼を言う」

 

ペルセウス

ペルセウス「アテナ様!?」

「どういうことですか??」

「まさか、私は全てあなたの手のひらに動かされていたということですか?」

 

アテナ

アテナ「そういうことだ・・・」

「もう、お前の役目は終わりだ」

「ご苦労だった」

 

 

ブシュ・・・・・

 

ペルセウスはアテナに殺されます。。

 

 

アンドロメダ

アンドロメダ「ペルセウス様!?」

 

アンドロメダはすぐに気づきます。

 

アンドロメダ

アンドロメダ「ペルセウス様、、、どうしてこんなことに!!」

 

アンドロメダは悲しみます。

死ぬまでずっと、、、

 

ゼウス

ゼウス「・・・アンドロメダちゃん、、可哀想、、」

「そうだ!!」

 

と、ゼウスはペルセウスとアンドロメダを星座にします。

 

そして、いつも会えるように、アンドロメダ座をペルセウス座の横に配置します。

ペルセウス座

 

アンドロメダ

アンドロメダ「ペルセウス様!!またお会い出来ました!!」

「もう私を一人にしないで」

 

ペルセウス

ペルセウス「ああ・・・」

「ずっと一緒だよ」

 

以上、ペルセウスとアンドロメダの神話でしたヽ(*´∀`)ノ

ペルセウスとアンドロメダのパズドラ画像
最新情報をチェックしよう!
広告