現在一部の記事をリニューアル中です。
いいとも

令和ラップでいいとも♪(万葉集「梅花の歌」ラップver)

令和になりましたね〜。近所の神社に行ったら、御朱印で並んでいる人がたくさんいました。

神話先生
神話先生
私は面倒だったので並んでいません。

前回の記事でも簡単に紹介しましたが、令和の由来の万葉集「梅花の歌」全文と訳を紹介したいと思います。

 

前回の記事

いよいよ、平成が終わりますね〜。 元号も「令和」に新しく変わり、一新した気持ちになれそうです^ - ^ 万葉集が由来の元号ですね。詳しくは記事後半! 今回は新元号「令和」他の、元号に由来のある神社と神話を紹介します!( ´ ▽ ` ) […]

 

神話先生
神話先生
正直、私は万葉集好きじゃないんですよね。。なんか、貴族たちだけで詩を読んで、貴族しか分からない遊びだから、なんか気にくわないんです笑

 

同じように思っている人は、多いのではないのでしょうか?

そのため、ラップのような「梅花の歌」を作ってみました。最後は昔お馴染みのあの終わり方で閉まります!

この記事をみなさんが楽しみながら、令和の由来である「梅花の歌」の意味を理解してくれたら幸いです。

かたっ苦しいのを省きたい方は、下の目次アイコンをクリックして、「令和ラップでいいとも♪」から見てください

 

あなたにオススメな広告はコレだ!

「梅花の歌」序文+32首の原文

神話先生
神話先生
作者は不明です。大伴旅人大友旅人という説が有力です。

序文原文

孔子
作者
天平二年正月十三日に、師老の宅に集まり、宴会をのぶ。
初春の月にして、気淑く風らぎ、梅は鏡前の粉に披き、蘭は珮後の香に薫る。
 
孔子
作者
しかのみにあらず、曙の嶺に雲移りて、松は羅を掛けて蓋を傾け、夕べの岫に霧を結び、、鳥は穀の封ざされて林に迷う。
孔子
作者
庭には新蝶舞い、空に故雁帰る。ここにおいて、天を蓋にし地を坐にして、膝を近づけ盃を飛ばす。言を一室の内に忘れ、衿を煙霞の外に開く。淡然として自らほしいままにし、快然として自ら足る。
孔子
作者
もし翰苑にあらざれば、何をもってか心を述べん。詩に落梅の篇を記す。古今とそれ何ぞ異ならん。よろしく園梅を賦して、いささかに短詠を成すべし。
 
神話先生
神話先生
長いですね。私の知り合いの結婚式で、上司が10分ほどスピーチしていたことを思い出します。

32首原文

ネズミイラスト
大弐紀卿
正月立ち春の来らばかくしこそ梅を折りつつ楽しき終へめ
 
うしイラスト
少弐小野大夫
梅の花今咲けるごと散り過ぎず我が家への園にありこせぬかも
 
とらイラスト
少弐粟田大夫
梅の花咲きたる園の青柳は縵かづらにすべく成りにけらずや
 
うさぎイラスト
筑前守山上大夫
春さればまづ咲く屋戸の梅の花独り見つつや春日暮らさむ
 
たつイラスト
豊後守大伴大夫
世の中は恋繁しゑやかくしあらば梅の花にも成らましものを
 
へびイラスト
筑後守葛井大夫
梅の花今盛りなり思ふどち挿頭かざしにしてな今盛りなり
 
羊イラスト
某官笠氏沙弥
青柳梅との花を折り挿頭かざし飲みての後は散りぬともよし
 
孔子
作者?
我が園に梅の花散る久かたの天より雪の流れ来るかも
猿イラスト
大監大伴氏百代
梅の花散らくはいづくしかすがにこの城きの山に雪は降りつつ
 
貴族たち「あはははは
 
神話先生
神話先生
笑うポイントが分からん!!
 
とりイラスト
少監阿氏奥島
梅の花散らまく惜しみ我が園の竹の林に鴬鳴くも
 
犬イラスト
少監土氏百村
梅の花咲きたる園の青柳を縵にしつつ遊び暮らさな
 
イノシシイラスト
大典史氏大原
打ち靡く春の柳と我が屋戸の梅の花とをいかにか分かむ
 
アヒルイラスト
少典山氏若麻呂
春されば木末こぬれ隠がくりて鴬ぞ鳴きて去ぬなる梅が下枝しづえに
 
クマイラスト
大判事舟氏麻呂
人ごとに折り挿頭しつつ遊べどもいやめづらしき梅の花かも
 
豚イラスト
薬師張氏福子
梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべく成りにてあらずや
 
像イラスト
筑前介佐氏子首
万代に年は来経きふとも梅の花絶ゆることなく咲きわたるべし
 
わにイラスト
壹岐守板氏安麻呂
春なればうべも咲きたる梅の花君を思ふと夜寐よいも寝なくに
 
やぎイラスト
神司荒氏稲布
梅の花折りて挿頭せる諸人は今日の間は楽しくあるべし
 
 
大令史野氏宿奈麻呂
年のはに春の来らばかくしこそ梅を挿頭して楽しく飲まめ
 
ライオンイラスト
少令史田氏肥人
梅の花今盛りなり百鳥の声の恋こほしき春来たるらし
 
キリンイラスト
薬師高氏義通
春さらば逢はむと思もひし梅の花今日の遊びに相見つるかも
 
わしイラスト
陰陽師磯氏法麻呂
梅の花手折り挿頭して遊べども飽き足らぬ日は今日にしありけり
 
パンダイラスト
算師志氏大道
春の野に鳴くや鴬なつけむと我が家への園に梅が花咲く
 
しろくまイラスト
大隅目榎氏鉢麻呂
梅の花散り乱まがひたる岡びには鴬鳴くも春かたまけて 
 
トナカイイラスト
筑前目田氏眞人
春の野のに霧立ちわたり降る雪と人の見るまで梅の花散る
 
アリクイイラスト
壹岐目村氏彼方
春柳かづらに折りし梅の花誰か浮かべし酒坏の上へに
 
猫イラスト
對馬目高氏老
鴬の音聞くなべに梅の花我ぎ家の園に咲きて知る見ゆ
 
うさぎイラスト
薩摩目高氏海人
我が宿の梅の下枝に遊びつつ鴬鳴くも散らまく惜しみ
 
うしイラスト
土師氏御通
梅の花折り挿頭しつつ諸人の遊ぶを見れば都しぞ思ふ
 
 
小野氏国堅
妹が家へに雪かも降ると見るまでにここだも乱まがふ梅の花かも
 
コアライラスト
筑前拯門氏石足
鴬の待ちかてにせし梅が花散らずありこそ思ふ子が為
 
タモリパンダ
小野氏淡理
霞立つ長き春日を挿頭せれどいやなつかしき梅の花かも
 
あなたにオススメな広告はコレだ!

「梅花の歌」序文+32首の訳

序文訳

 
神話先生
神話先生
次は新元号「令和」の発案者と言われている中西進氏の訳になります。
 
孔子
作者
天平二年正月十三日に、師老の宅に集まって、宴会を開く。
あたかも初春の良き月、気は麗ラカにして風は穏やかだ。梅は鏡台の前のおしろいのような色に花開き、蘭は腰につける匂い袋のように香っている。
 
神話先生
神話先生
原文「令月風和」→訳「良き月で風が穏やか」というのが令和の直訳になります。
 
孔子
作者
そればかりではない、夜明けの峰には雲が動き、松は雲の薄絹をかけたように傘を傾ける。また、夕の山洞には霧が立ち込め、鳥はその霧のとばりに封じ込められたように、林の中に迷い遊ぶ。
孔子
作者
庭には生まれたばかりの蝶が舞い、空には去年の雁が北へ帰ってゆく。さてそこで、天空を屋根にし大地を敷物としてくつろぎ、膝を寄せ合っては、酒杯を飛ばすごとくに応酬する。一堂に会しては言葉も忘れ、外の大気に向かっては心をくつろがせる。さっぱりとして各自気楽に振る舞い、愉快になって満ち足りた思いでいる。
孔子
作者
文筆によらないでは、どうして心の中を述べ尽くすことができようか。漢詩に落梅の詩篇が見られるが、古も今もどんな違いがあろう。ここに庭の梅を題として、短かき歌を試みようではないか。
 
神話先生
神話先生
ん??訳しても難しいこと言ってますね。。次は32首の訳ですが、一首ずつ作者名も変わっています。原文の作者はあまり知られてない名前で、訳で紹介している名前が教科書に載るような知られいる名前になります。?になっている作者は有名でない高官のため、名前が分かっていないと思われます。
 

 

32首訳

ネズミイラスト
紀男人?
正月になって新春がやってきたならこのように梅の寿を招いて楽しき日を過ごそう。
 
うしイラスト
小野老
梅の花は今咲いているように散り過ぎることなく、わが家の庭にも咲いてほしいよ。
 
とらイラスト
粟田人上
梅の花の咲いている庭には青柳もまた蘰にほどよくなっていることだ。
 
うさぎイラスト
山上憶良
春になるとまず最初に咲く梅の花をわたしひとりで見て春の日を過ごすなどどうして出来ようか。
 
たつイラスト
大伴三依
世の中は恋に苦しむことが多いなあ。それならいっそ梅の花にでもなってしまいたいものです。
 
神話先生
神話先生
宴なのに、死にたいと言ってるような詩ですね。。
 
へびイラスト
葛井連大成
梅の花は今が盛りだ。親しき人々よ。頭髪に挿して飾ろう。今が盛りだ。
 
羊イラスト
沙弥満誓
青柳を折り梅をかざして酒を飲んだその後はもう散ってしまっても満足だ。
 
孔子
大伴旅人
私の庭に生めの花が散っている。あたかも天から雪が流れ来るかのようだ 。
猿イラスト
大伴百代
梅の花が散っているのは何処でしょうか。それにしてもこの城の山には雪が降り続いていることです。
 
貴族たち「あはははは
 
神話先生
神話先生
ん??大伴旅人をバカにした歌じゃないですか?皮肉を言って笑うとは、、ツッコミとボケがこの時代からあったということか、いじめですかね。。
 
とりイラスト
阿部奥島
梅の花の散るのを惜しんでわが庭の竹の林に鶯が鳴いています。
 
犬イラスト
土師百村
梅の花が咲いている庭園の青柳を、髪飾りにしながら遊び暮らしましょうよ
 
イノシシイラスト
不明
うち靡く春の柳とわが屋の梅の花と、どちらが優れているかどのように判断しよう。
 
アヒルイラスト
山口若麿
春になれば梢に隠れて鶯が鳴き移るようです。梅の下枝のほうに。
 
クマイラスト
丹比氏の麿
皆それぞれに折りかざしつつ遊ぶけれど、なお愛すべき梅の花よ。
 
豚イラスト
張福子
梅の花が咲いて散ってしまったなら桜の花が継いで咲きそうになっているではないか。
 
像イラスト
佐伯氏
万年の年を経るとも梅の花は絶えることなく咲き続けるがよい。
 
わにイラスト
板持安麿
春になってなるほどよく咲いた梅の花よ。君を思うと夜も眠れないよ。
 
やぎイラスト
梅の花を折りかざして遊ぶ人々は今日一日が楽しいことでしょう。
 
 
小野淑奈麿
年ごとに春がめぐり来ればこのように梅をかざして楽しく酒を飲もう。
 
ライオンイラスト
梅の花は今が盛りだ鳥々たちの声も恋しい春がやって来るらしい。
 
キリンイラスト
春になったなら逢おうと思っていた梅の花に今日の宴の席で逢えたことだなあ。
 
わしイラスト
梅の花を手折りかざして遊んでいても飽きることない日は今日なのだなあ。
 
神話先生
神話先生
なんかここまでの数人、同じような詩ですね。マニュアルのような詩にして、当たり障りのないように作者に向けてよいしょしているだけな気がします。
 
パンダイラスト
志紀大道
春の野に鳴くよ鶯。その鶯を引き寄せようと我が家の庭に梅が花を咲かせている。
 
しろくまイラスト
梅の花の散り乱れる岡には鶯が鳴いているよ。春の気配濃く。 
 
トナカイイラスト
春の野に一面に立ち渡って降る雪かと人が思うほどに梅の花が散っているなあ。
 
アリクイイラスト
春柳を蘰にしようと折ったことだ。梅の花も誰かが浮かべているよ。酒杯の上に。
 
猫イラスト
高向村主老
鶯の声を聞くのにつれて、梅の花が我が家の庭に咲いては散ってゆくのが見えるよ。
 
うさぎイラスト
わが家の梅の下枝に遊びながら鶯が鳴いているよ。梅の散るのを惜しんで。
 
うしイラスト
梅の花を折りかざしながら人々の遊ぶのを見ていると都のことが思い出されるよ。
 
 
小野国堅
恋しい人の家に雪が降っているのかと見えるほどに散り乱れる梅の花だなあ。
 
コアライラスト
門部石足
鶯が開花を待ちわびていた梅の花は散らずにあってほしいものだ。恋い慕う子らのため。
 
タモリパンダ
小野田守(おののたもり)
霞の立つ春の日を一日かざしつづけてもなお恋しい梅の花だなあ。
 

令和ラップでいいとも♪

 
神話先生
神話先生
さぁいよいよ、「令和ラップ」になりますよ!
 
あなたにオススメな広告はコレだ!
 
孔子
作者
俺が司会だ、ヨ・ロ・シ・ク!天平2年1月13日、今日をみんなで騒ごうZE!!
今日はspring、goodなmoon&wind!まさしく、REIWA!梅満開!良い匂い!夜も最高DA!!
孔子
作者
マイホームには新しいバタフライがfly!skyにはバードがfly!そこで俺たち、happyな酒を飲む。この気持ちを文章にしようZE!お前たち!用意はいいか!?here we go!!
ネズミイラスト
紀男人?
yo-springだZE!みんな、楽しもうZE!
 
うしイラスト
小野老
mo-こんな素敵なUME(梅)、MEのホームにも欲しい!うらやましい!
 
とらイラスト
粟田人上
ファストなつるの成長!ビート(生命)を感じるZE!
 
うさぎイラスト
山上憶良
こんなスバラシイUME!MEだけで見るのモッタイナイ、お前たちと見れて最高DA!
 
たつイラスト
大伴三依
UMEのように、綺麗に散りたいZE!
 
へびイラスト
葛井連大成
梅の花は今が盛りだ。親しきお前たち。頭に梅挿そうぜ!今が盛りDA!。
 
羊イラスト
沙弥満誓
とにかく酒を飲めれば、満足だZE!
 
孔子
大伴旅人
雪のように梅が散っていく。
猿イラスト
大伴百代
梅の花散ってないよ?雪は降っているけど。目がおかしいんじゃないか?
 
とりイラスト
阿部奥島
ウグイスが散ってゆく梅をみて叫ぶZE、ホーホケキョ!
 
 
俺たちも同じ気持ちだZE!UMEを見て楽しもうZE!seyho-
犬イラストイノシシイラストアヒルイラストクマイラスト豚イラスト像イラストわにイラストやぎイラストライオンイラストキリンイラストわしイラスト
みんな「ho-」
 
パンダイラスト
志紀大道
ウグイスを呼ぶためにUME育てる、俺はウグイス嬢!なぁ、そうだろお前たち?say・・・
 
しろくまイラストトナカイイラストアリクイイラスト猫イラストうさぎイラスト
みんな「we—!!」
 
うしイラスト
梅で遊ぶとMIYAKOを思い出すZE!。
 
 
小野国堅
好きなあの子にも雪が降っているかな?そう感じさせてくれる、梅。
 
コアライラスト
門部石足
梅よ、これからもずっと咲いてくれ。マイチルドレンが待っている。
 
タモリパンダ
小野田守(おののたもり)
梅は綺麗、終わりはタモリ、say!!明日も来てくれるかな?
 
いいとも
 
どうでしたか?
・・・なんかすみませんでした。。
いいとも
フォローすれば最新情報をお知らせします。

シノアリスバナー

シノアリスバナー
あなたにオススメな広告はコレだ!